あさりのおかゆ

あさりのおかゆ

あさりのおいしい味がしっかり浸み込んだおかゆ。おいしいのに、とっても簡単です!味にも深い味わいがあります。

<材料 2人分>

ご飯(冷たいもの)         お茶碗1杯分ぐらい
あさり(殻付き)           200〜500g
細ネギ小口切り(ネギでもいい)    適量

<作り方>

1.アサリを塩水(海水ぐらい=水1ℓに塩大さじ2ぐらいを入れる)につけて砂抜きをする。30〜1時間ほどしたら、殻をこすり合わせながら流水で洗う。

2.鍋に1のアサリと水カップ2を入れて中火にかけ、アサリの口が開いたら、アサリを取り出す。

3.ご飯と塩小さじ1/3を入れて弱めの中火で30分ほど煮る。アサリを鍋に戻してサッと煮て、細ネギを散らす。


ご飯は、鍋に入れる前に、まな板の上で包丁でたたくようにして刻むと火の通りが早くなり、煮る時間が15分ぐらいに短縮されます

アサリはできたら国産のおいしいものを使うと、それだけでもごちそうおかゆになります。アサリの旬は春先〜初夏。旬のアサリは味のよさに加えて栄養価も高く、肝機能を向上させたり、血液をサラサラにしてくれたりすることが期待できます。さまざまな料理にアレンジして、積極的に食べたいものですね。

アサリを完全に砂抜きすると、よりおいしく味わえます。潮干狩りでアサリをとってくるときは、そこの海水もいっしょに汲んでくると砂抜きのときに使えます。塩水の量を貝殻がひたひたになるぐらいにして暗いところに置きます。砂抜きが終わったらそのままザルに1時間ほどあげておくと、余分な塩水を吐き出してくれます。

アサリを保存するなら、砂抜き・塩水抜きをし、よく水気をきって冷蔵庫へいれましょう。もっと長く保存したいときには、きれいに水洗いをしたあと冷凍庫に入れましょう。冷凍したアサリを使うなら、汁物が最適。沸騰したお湯に入れて解凍し調理すると、ビタミンBなどの栄養素も十分にとれ、おいしく食べることができます。おかゆにもいいですね。



kayule at 15:01 この記事をクリップ!